南ヶ丘病院TOP > 入院治療について

入院治療について

当院では入院される患者さまおひとりおひとりに寄り添い、こころのこもった医療を提供したいと考えています。それぞれの症状や状態に応じて個別の入院療養計画を立て、専門医、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師など、各専門分野のスタッフが一丸となり、患者さまの回復のお手伝いを致します。

当院は医師を中心とした医療スタッフと共に過程に応じて様々な治療をおこないます。

療養環境からの支援

当院では3つの精神科専門病棟を設けており、患者さまの状態に応じて、最適な療養環境を提供させていただいています。病棟によって治療の段階や支援の内容が異なるものの、患者さまを中心として最適な治療を考えています。

1.精神一般病棟  2.精神療養病棟  3.認知症治療病棟

精神科看護

当院の看護部は、精神科医療を支える看護師として、きめ細かで温かく、人(患者さま)と人(医療スタッフ)とのふれあいや優しさ、思いやりを重視した看護を目指し、各々の患者さまの病状に応じた環境づくりを提供致します。

看護部はこちら

精神科作業療法

安静期が過ぎたら、精神科専門の作業療法士が主体となり手工芸・軽スポーツ・ゲーム等様々な活動を行います。それらの活動を通じて心身ともにゆっくりと元気を取り戻し、皆様が自分らしくいイキイキとした生活が送れるように共に考え支援します。

作業療法室はこちら

カウンセリング

当院では臨床心理士によるカウンセリングを行っております。患者さまやそのご家族に対しさまざまなカウンセリングを行います。また必要に応じて各種心理検査を行い、個別の専門的な支援を行います。

医局紹介はこちら

心理教育

精神科疾患の症状、治療、予防などについて学んでいきます。またご家族様向けにも「家族教室」を実施し、さまざまな方向から患者さまの回復へのサポートを行っていきます。

服薬指導

お薬について、その効果、使い方、注意点、副作用について薬剤師から直接説明いたしします。服薬に際して、分からないことや心配なことなどについても個別にお答えしていきます。

薬局はこちら
お問い合わせ 院内マップ アクセスマップ
スタッフ募集 職員からのメッセージ
当院は日本医療機能評価機構による病院機能評価の調査を受け認定されました。