医療法人 清陵会 南ヶ丘病院

当院について 南ヶ丘病院について

基本理念

患者さまの「尊厳」と「安心」を最優先に考え、
患者さまおひとりおひとりに寄り添い、
心のこもった医療を提供いたします。

基本方針

使命
質の高い医療、あたたかい看護、安心できる治療環境を常に追究します。必要な医療を適時に実行し、患者様と共に病に向き合います。

連携
チームアプローチを基本として、全職種が共通の理念と知識と和をもって治療を行います。部署・職種を超えた垣根のないコミュニケーションを通して、患者様に満足される行き届いた医療サービスを目指します。

共生
精神疾患に対するスティグマ(偏見)をなくし、あらゆる人が共に支えあい、共に必要としあえる社会づくりに貢献します。

地域
『地域の保健室』として、地域の方々のこころとからだの健康を支える病院を目指します。

幸福
患者様、ご家族が健やかで、幸せであることを願います。そして全ての職員が職務を通して成長と自己実現を達成し、患者様と同じく幸せであることを目指します。

患者さまの権利

  1. 患者さまは、医師による十分な説明によりご自分の選択と同意に基づく医療を受ける権利があります。
  2. 患者さまは、ご自分の状況を理解するために必要な情報を知る権利があります。
  3. 患者さまは、ご自分のプライバシーを尊重される権利があります。
  4. 患者さまは、参加と同意の責任があります。

サービスポリシー

患者さまへの全職員の接遇基本をまとめた冊子を、
全スタッフに共有しています。

南ヶ丘病院の一員として、
いつも、どこでも、誰にでも
「安心」を実感していただける接遇を心がけ、
ひとりでも多くの人が笑顔になるサービスを、
情熱を持って提供してまいります。

概要表

開設者医療法人清陵会
開設年月日昭和38年 10月23日
院 長小原 尚利
診療科目精神科・心療内科・内科・リハビリテーション科
敷地面積24,109m2
建築延面積10,023m2
病床数 320床
精神科256床(精神保健福祉法指定病院 指定病床20床)
精神科救急病棟(スーパー救急)44床 / 精神科救急入院料1
精神一般病棟 32床/15対1入院基本料・看護配置加算
看護補助加算 30対1
精神療養病棟 120床/精神療養病棟入院料
認知症治療病棟 60床/認知症治療病棟入院料1
内科 64床
内科療養病棟64床 / 療養病棟入院基本料1
職員数 234人
常勤医師11人(うち精神保健指定医6名)・非常勤医師13人
(うち精神保健指定医3人)・看護師68人・准看護師53人
薬剤師4人・管理栄養士3人・精神保健福祉士8人・作業療法士8人など
施設基準 精神科作業療法・精神科デイケア・精神科ショートケア
療養病棟療養環境改善加算(1)・救急医療管理加算
精神科身体合併症管理加算・薬剤管理指導料など
食事療養適時適温給食(朝8:00 昼12:00 夜18:00)・選択メニュー

沿革

昭和38年 3月29日医療法人清陵会設立
昭和38年10月23日南ヶ丘病院開設(精神科80床)
昭和50年 3月13日精神科240床 内科80床となる
平成元年 1月17日内科64床となる
平成 4年 8月 1日精神科作業療法実施
平成 5年 2月 1日精神科デイケア開設
平成 9年 7月 2日訪問看護ステーション南ヶ丘併設
平成10年 1月 1日第一心療クリニック開設(関連施設)
平成11年 5月 1日内科病棟(64床)療養型病床群となる
平成12年 4月19日安部マサ子内科医院開設(関連施設)
平成12年 5月18日川田眼科医院開設(関連施設)
平成13年 9月 1日 精神療養病棟(3階建)が完成し、精神療養病棟180床、
精神一般病棟76床、内科病棟64床となる
平成15年 8月12日内科病棟(64床)療養病床となる
平成15年 8月12日厚生労働省より臨床研修病院として指定される
平成16年 8月23日(財)日本医療機能評価機構の認定(精神科)病院となる
平成17年 7月11日リハビリテーションセンター開設
平成17年 10月 1日新1病棟を老人性認知症疾患治療病棟(60床)とする
平成21年 10月 2日(財)日本医療機能評価機構認定病院更新(Ver.6)
平成23年 2月24日平成22年度 小倉北区地域貢献企業表彰 受賞
平成25年 4月 1日北九州市「ものわすれ外来」協力医療機関の登録
Page TopPage Top