医療法人 清陵会 南ヶ丘病院

精神科病棟専属内科医
南ヶ丘病院のポリシーを体現する仕事

精神科病棟担当 内科医師渡辺 周

Profile

精神科病棟の患者様の体の管理を担う、南ヶ丘のスーパードクター。

仕事のやりがい

精神科病棟専属の内科医をしていますが、同様のシステムを導入している精神病院はあまり無いようです。従って、着手すべき仕事の抽出、介入する方法や順序の決定、システムの構築と運用、成果の評価、など全て自分が中心となって進めています。職場の皆様が私の意見を尊重してくれるため、アイデアは思い通りに反映されやすく、責任も伴いますが働きやすいです。成果が得られたときは、大きな充実感を味わえます。
「ありがとう」行った仕事に対して感謝の言葉を頂けるのは、単純ですが非常に嬉しいものです。そのような言葉を頂く相手は、患者様とそのご家族のみならず、当院に来てからはサポート対象の精神科医の皆様、経営・運営に携わる上司の皆様などさまざまであり、大変励みになっています。勿論、それに見合う質の高い仕事をするよう、日々心がけています。

南ヶ丘病院の好きなところ

現状に満足しないこと、変わろうという意志が強いこと、対応が早いこと、です。首脳陣の柔軟な姿勢と強い目的意識のおかげでしょうか。私の立場から必要なことはどこまでも要求し、駄目なところはとことん指摘しますが、改善までの早さはこれまでの職場と一線を画しています。意見が言い辛い、言っても響かない職場に嫌気が差した方々、是非一度当院の空気に触れてください!

私が大切にしていること

2点あります。
(1)患者様にも、ご家族にも、精神科主治医にも、病院運営にも、地域にも、私自身にも、バランスよく配慮することを心がけています。どれかに偏っていては、質の高い医療を継続的に提供することは難しいと思います。
(2)精神科の水準ではなく、内科医として標準的な身体合併症管理を当院で提供できるよう、努力しています。精神疾患の患者様にも必要十分な身体合併症管理を受けて頂く権利があり、そのために当院で提供できる治療の幅を広げたいと考えています。勿論、高次医療機関にお願いせねばならないケースも多く存在しますが、症例を適切に選択することで転送先の負担が少しでも軽減できれば、なお良いと思っています。

My Life

  • 自室。毎朝ここから出撃します。
    ヒラ医師には破格の待遇かも!?

  • サーキットに通う週末。
    当院と同じく、更なる向上を目指します。

  • キックボクシングで体力作り。
    仕事も趣味も適度な緊張感で。

Interview

Entry

未来のために、壁を越えてゆけ。

挑戦したものだけが、成功できる。
すべての経験が、チカラになる。
この場所で、自分の未来をつくろう。

応募する

お電話での応募は
人事担当:末光(すえみつ)まで

tel.093-571-6081