医療法人 清陵会 南ヶ丘病院

寄り添う 
つらい時も楽しい時も、
患者さんとともに

臨床心理士田向 慎一郎

Profile

スクールカウンセラーとしての学びを経て、南ヶ丘病院に戻る。いつも穏やかで冷静沈着。

仕事のやりがい

精神科の治療は、患者さんとの共同作業であることが多いです。つらい時も楽しい時も一緒に体験して歩んでいき、お互いに学び合い、成長していく過程にやりがいを感じます。
若い頃に恩師の先生から、患者さんから「先生のおかげで良くなりました」と言っている間は本当の意味での良い治療はできていない事が多い事、「治してあげる、支えてあげる」ではなく、患者さんが自らの力で自分の人生を生きていけるように寄り添う事が大切であると教わりました。面接の終了時に患者さんから「いろいろとうまくいかない事もあるけど、なんとかやっていけそうです」という趣旨の言葉を初めて頂いた時の事が印象に残っています。

私が大切にしていること

ガンジーの言葉に以下のようなものがあります。
「 世界は自分の写し鏡にすぎない。外界にあるすべての傾向は自分自身の中にある。己を変えることができれば、世界も変わる。自分の性根を変えた男には世界も態度も改める。これこそが教えの極意だよ。こんなすばらしいことはない。幸せはここからはじまる」
この言葉は心理療法の一つである認知行動療法の考え方に通じます。認知行動療法は「自分の考え方が自分の気分や行動に影響を与える」という事に気づき、自分を苦しめる考えや行動をより無理のないものへと変化させる方法です。私自身も認知行動療法を日々実践して仕事に取り組んでいます………というとカッコイイですが、自分の考えに翻弄される日もある中、がんばっています。

My Life

  • 愛用している筆記用具です。

  • 桜が好きで、花見の頃は
    よく桜を見に行きます。

  • 夕日がきれいに見える場所を
    探すのが好きです

Interview

Entry

未来のために、壁を越えてゆけ。

挑戦したものだけが、成功できる。
すべての経験が、チカラになる。
この場所で、自分の未来をつくろう。

応募する

お電話での応募は
人事担当:末光(すえみつ)まで

tel.093-571-6081