南ヶ丘病院TOP > 食事療養室

食事療養室

食事療養室スタッフ

総料理長からの挨拶

患者さまが笑顔になれるような新鮮な旬の素材を厳選し、美味しく召し上がって頂くためこれまで積み重ねてきた技術や経験を生かしプロの味を提供致します。

総料理長 松永 真治郎

お食事

当院では、京都老舗料亭美濃吉で修行を積んだ総料理長が主導に大手有名ホテル出身のコックが3名おり、管理栄養士3名とその他調理スタッフと連携してお食事を提供しています。
食事も治療の一環とした理念から、患者さま個々の症状やニーズに合わせた安全でおいしい食事づくりに取り組んでいます。
毎週選択メニューをご用意し、2種類の献立からお選びいただけます。
また、旬の食材を取り入れ季節感をだしたり、月に1~2度は行事食なども取り入れ食事に彩をそえています。

メニューの一例

  • 朝食

    味噌汁、スペイン風オムレツ

    昼食

    鮭のムニエル、
    ミートボールの中華風スープ

    夕食

    ハンバーグ、
    えびのマヨネーズサラダ


栄養だより

食事に関する様々な情報をお届けします。

6月号  5月号

栄養管理

私たち管理栄養士が入院患者さま一人ひとりに栄養管理を行っています。治療の影響などで食欲が低下し、十分な食事量がとれない患者さまには、管理栄養士がベットサイドまでお伺いし、少しでも食事を召し上がっていただけるよう配慮しています。また、入院中の患者さまの治療を計画的に進められるよう、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などのスタッフが共同して個々の患者さまに対応できるよう心がけています。

栄養指導

□栄養相談

各病棟に担当管理栄養士が訪問し、ベットサイドやデイルームでお話します。

□入院中の栄養指導

医師の依頼により、入院中、退院後における栄養指導を行っています。また、退院時には退院後も続けられる食生活につながるサポートを行っております。

外来の栄養指導

医師の依頼により、患者さまの生活背景や食習慣をお聞きし、続けられる食事療法を行なっています。

お問い合わせ 院内マップ アクセスマップ
スタッフ募集 職員からのメッセージ
当院は日本医療機能評価機構による病院機能評価の調査を受け認定されました。